読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Flying Bunny

旅と外国・古き良きもの・あまいもの

セブの語学学校に1週間ステイしていた話・2

前回の記事の続きです。

実際に1週間だけのセブ親子留学で

どのくらい費用がかかったのか?を書いていきます。

 

 

 

まず結論。

親子2人分・1週間の授業料と部屋代、

往復航空券で合計231,000円。

 

 

 

その他、

スクール入学前泊分の宿泊ホテル代が7,000円。

 

あとは各家庭によって異なると思いますので省きますが、

こまごまとした日用品代や外食費、交通費、

お土産代などを上記に加算していただければ

総合計金額のイメージがつくかなと思います。

 

f:id:FlyingBunny:20170216151354j:plain

これはトライシクル。バイクの横と後ろの荷台に乗り込むお手軽タクシーみたいなもの。

スクールのお兄さんが交渉中のところを様子見の息子。

未整備の道路、お店のつくり。街の雰囲気がなんとなく伝わるでしょうか?

 

 

 

 

 

では、さきほどの金額231,000円の

内訳を書いていきます。

 

 

1. 授業料(光熱費・部屋代・3食付き)

 → 2人で118,000円

 

2. 航空券代

  → 2人で113,000円

 

 

 

 

補足説明していきます。

 

  

 

まず授業料に関して。

 

セブに限らず概ねフィリピンの語学学校では

食事代が授業料に含まれているパターンがほとんどで、

私の通ったスクールでも3食きっちり食事が出されました。

 

 

あと、滞在していたのは

スクール併設のお部屋まるごと1室。

バス・トイレ付きの個室をリクエストしておきました。

他にもドミトリータイプの割安なお部屋もありましたが、

私は一人の時間がないと心が死んでいくタイプなので、

あえて個室にさせていただきました(*´-`)

 

 

 

授業料に関しては、

もちろん長期であればあるほど割安になります。

 

 

1週間というのは最短で気楽でしたが

料金的には一番割高なパターンになるので、

本腰入れて英語を学びたい、

その時間的余裕もあるという方は

できるだけ長期で滞在した方がお得になります。

 (ただしビザが必要になってくる場合も)

 

 

f:id:FlyingBunny:20170216151347j:plain

 これは通ったスクール。高級住宅地にあるお家をスクール兼寮として利用してました。

 

 

 

 

 

次、航空券に関して。

 

2人で113,000円だったのですが、

これは純粋な日本・セブ往復の金額ではなく、

帰国途中に香港に立ち寄っているため、

その分の金額も上乗せされています。

 

 

↓ つまりこのように3ルートで買いました。

日本→セブアシアナ航空

セブ→香港(セブパシフィック)

香港→日本アシアナ航空

 

 

 

 

補足としてお部屋についてですが、
子供といるとお洗濯ってつきものですよね。

 

 

ですが私の通ったスクールでは

ランドリーサービスも込みとなっていたので、

朝にお洗濯をお願いしておけば

夜にはたたんで戻してくれたので超助かりました!

 

 

お部屋のお掃除にしても

週に2度くらいですがお任せでやってもらえたので、

もう私、ここにいる間はいつもにも増して

家事をしなくていいことに快感を覚えまして。

 

 

f:id:FlyingBunny:20170216151402j:plain

公共交通機関のないセブでは一番身近な、乗り合いバスのジプニー。

 

 

 

 

そんなわけで

セブ留学で何がよかったかと聞かれたら、

わたしが世の奥さまたちに

イチ押しプッシュしたいことはこれです。

 

 

 

 

 

炊事掃除洗濯からの完全解放

 

 

 

 

 

 

これ以上の解放があるでしょうか。

 

 

 

 

その代わり日中は英語漬けです。

だけど家事を全くやらなくてもいいとなれば、

その分英語に集中できるし、時間に余裕もできます。

 

 

私の場合ですが、英語の勉強さえしてれば

家事を一切しなくていいんなら、

この方がずーーっとラクだと思いました。

 

 

 

 

★掃除を自分でしなくていい

→コドモが多少汚してもイライラしない

 

 

★ごはんは決まった時間に作ってもらえて、

片付けをする必要もない

→人の作ったものを食べるって幸せだし、

油を使って洗い物が、とか

汚れ物がシンクに溜まってる、とか

そういう雑事に心を奪われることもない

 

 

★洗濯物を干さなくても畳まなくてもいい

→暑いセブでしょっちゅう汗をかいて汚れても、

毎日洗ってもらえるっていうのは精神的にラク。

時間も手間も省ける。

 

 

 

 

 

というわけでママ側のメリットばかりを書きましたが、

(しかも英語に関係ない)

もちろん親子で行くにあたっては

お子さんの性格や適性なども考えて、

楽しく学べる学校を選べたらいいですよね^ - ^

 

 

 

セブだけにこだわってはいない、という場合は

フィリピンの地方の街に行った方が

総コストはぐぐっと下がりますし、

治安も良くなることがほとんどです。

ただし交通やお買い物の便も悪くなるので、

そことの兼ね合いですね。

 

 

 

そんなわけで以上、

ご参考になれば幸いです♪

 

 

 

後日、息子の反応アレコレなどをまた書きます(*´-`)

 

 

 

 

 

 

 

⁂ きょうのあまいもの ⁂ 

わっふるわっふるーーーー♪

f:id:FlyingBunny:20170216153409j:plain