読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Flying Bunny

旅と外国・古き良きもの・あまいもの

ここはグラナダなのだぞ

前回、スペインの白い村、
フリヒリアナに行った話を書きました。

 

 

 

今日はそこからちょっと北部の内陸の街、
グラナダに入った話を。

 

f:id:FlyingBunny:20170506212433j:plain

 

 

 

 

はいグラナダといえばーーーーーーー?

 

 

 

 

 

 

アルハンブラ宮殿です!!

 

 

 

 

 

f:id:FlyingBunny:20170507122508j:plain

 

 

世界遺産アルハンブラ宮殿
イベリア半島イスラム勢力
支配されていた時代に建設されたおっきな宮殿。

 

 

まあそんなことはどうでもよく、
アルハンブラというワードが
かつて高校生で世界史を勉強していた時に、
ものすごく印象に残った響きだったのです。

 


アルハンブラ?何そのグッドな響きは!?
的な感じでやたらと覚えていて。
(これと同様なのがジブラルタル

 

それ以来なぜか
生きてるうちに絶対行ってやるという思いがあり、
フリヒリアナから近いとわかった際に、
無理やり旅程に組み込みました。

 

f:id:FlyingBunny:20170507123241j:plain

 

 

しかしこのアルハンブラ宮殿がですね、
チケットが鬼ほど取れないというネット情報。

 

 
朝イチ6時の暗闇のうちから
行列に並ばなくてはいけないとか、
昼に行ったらチケット売り切れてるとか
そんな感じだったんですよ。


 

なんじゃその人の焦燥感を煽るチケットは?と。 

 



もっと調べていくと、
宮殿のサイトから事前チケット購入がベストだと。
しかし私が見た1週間前、すでにソールドアウト。
どうやら2〜3ヶ月前くらいから予約せねば厳しいらしく。

 



だけど諦めがつかない私。
行列に並ぶことなく、スンナリと買える
策はないかと情報を探していくと、
窓口の奥に隠れ部屋みたいな券売機があり、
そこならすぐに買えるという情報GET。
ドラクエかよ

 


 

ちなみに広大なアルハンブラ宮殿の一番の見どころは、
ナスル朝宮殿というところ。
(ライオンの中庭など、有名スポットが凝縮されています)
しかしこのナスルのみ他の場所とは違う扱いで、
入場時間が細かく制限されているのです。

 



そしてチケット購入時に
そのナスル入場時間が決められるというので、
実際にチケットをゲットするまで何時に入れるかわからないと。
待ち時間はその日によって異なるようで、
長い時もあればすぐの時もあると。

 


さらにスリリングなことに
このナスル入場時間はめっちゃ厳格で、
1〜2分の遅れすら入場を認めてくれないと。
(ここはラテンの国スペインだぜ?

 



そんな意味不明なルールを課されるほど、
どうにかして行ってやると思ってしまう私。

 

 


しかしフリヒリアナからのバス到着は最速でもお昼。
そもそもチケットを手に入れられるかもわからない。
しかも夕方4時発のバスで
またマラガに戻らなくてはならず、
それまでにナスルにタイミングよく
入れるかもわからない。

 

 

ガタガタ考えていても始まらないので、
滞在時間わずか3時間半で、
ナスル朝宮殿を見れるかどうかの
賭けに出ることにしました( ´ ▽ ` )

 

  

 

フリヒリアナからバスを乗り継ぎ、
なんとかお昼過ぎにグラナダ駅到着。
タクシーでアルハンブラ宮殿に移動しました。


 

 

噂のチケット窓口左手の
隠し部屋を探し当てたら、
本当に行列ナッシング!
嘘みたいにすんなりチケットGET! 
カード決済限定ですので行かれる方はお気をつけて)

 

 

よし!と思ってチケットを見たら
なんとナスル入場時間が13:30とあり!
待ち時間ほぼナシに入場できることになりました!
 ↓ (奥にあるのが券売機です)

f:id:FlyingBunny:20170507122548j:plain

 

 

 


賭け当たったーーーーー!

※誰しもにこれが当てはまるわけではないので、
心配性な方はネット事前予約もしくは
朝早くの訪問をおすすめします。

 

 

 

 

前置き長かったですが、
以下ナスル宮殿の写真たち。



まずは美しいタイルの形と
カラーリングのバリエーションを。

f:id:FlyingBunny:20170507122632j:plain

 

 

f:id:FlyingBunny:20170507122704j:plain

 

 

f:id:FlyingBunny:20170507122804j:plain

 

 

 

 

次は宮殿遠景など。

f:id:FlyingBunny:20170507122840j:plain

 

 

 

 

イスラムらしいパターンも必見。

f:id:FlyingBunny:20170507122909j:plain

 

 

f:id:FlyingBunny:20170507122930j:plain

 

 

f:id:FlyingBunny:20170507123033j:plain

 

  

 

イスラムの文化がガンガンに入ってきているのが
本当によくわかる宮殿で、
建築様式の違いから壁のタイルの模様や天井の彫刻、
色の組み合わせなどすべての要素において
ヨーロッパの典型的な建築を見慣れている私としては、
ものすごく新鮮に映りました。

 

 

そしてそれらは私に
これから行くモロッコの文化を存分に匂わせ、
モロッコへの期待を高めるものとなりました。

 

 

もちろん無事に見学を終え、
バス発車時間に間に合うように
グラナダのバスターミナルに戻ってもこれました。

 

 

安心したらどうしてもある一言が
言いたくて言いたくて、Twitterにつぶやいたら
リアルタイムで反応してくれたはにゃおさん

 

www.hanayao.xyz



 

 

何が言いたかったかというとコレ。

 

 

 

これめっちゃ嬉しかったです。 
私くだらないことに真剣なんです。

 

 

 

 

 

 

今までに見たことがなくそそられる建物、
感覚でここ行きたい!と思った場所に行くことは、
好奇心を満たされるし存分にワクワクもします。


 

そんなワクワクと好奇心も大事だけど、
忘れちゃいけないのがユーモア。

 

 

旅の間こそ、それが大事。 

 

 


なぜなら私はそこではたった一人で、
いちばん側にいながら
私をすぐに楽しませてあげられるのは
私しかいないので。

 

 

 

 

 

 

 

∵ この日のあまいもの 一杯 ∵

タイムスケジュールがタイトだったので、
あまいもの食べるタイミングを逃しました。
なんならランチも食べず、ホテルで軽く一杯飲んだのみ。

f:id:FlyingBunny:20170506230558j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

フォローする