読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Flying Bunny

旅と外国・古き良きもの・あまいもの

モロッコの青い村・シャフシャウエン

前回は国境を越え、ヤバめなタクシーで
モロッコ最初の目的地・シャウエン
入ったとこまで書きました。

 

 

シャウエンはモロッコ北部にある村の名前で、
正式名称はシャフシャウエンといいますが、
略してシャウエンと称されることが一般的。
山脈の奥にあることもあり、
電車も通ってない小さな村なので
決してアクセスもよくないのですが、
とにかく青い家が立ち並ぶ美しさが有名です。

 

f:id:FlyingBunny:20170518175042j:plain

 

 

 

私もただただその青い景色が見たくて、
ここをモロッコ最初の目的地にしました。

 

 

しかし到着後しばらくは
船酔いと車酔いの余韻と、
モロッコに来たてのカルチャーショックで
精神的にも肉体的にも弱っていた私。

 

 

ひとまず滞在先の宿に荷物を置いてもらい、
そのあとカフェで体力が回復するまで待ちました。

 

一泊5,000円前後の安宿だったゆえ、
やはりそれなりのクオリティではありましたが、
インテリアなどが個性的でキッチュで可愛かったです。

f:id:FlyingBunny:20170518175114j:plain

 

f:id:FlyingBunny:20170518175134j:plain

 

f:id:FlyingBunny:20170518175216j:plain

 

 

 

 
ただし階上の足音はまる聞こえだし、
シャワーのお湯は出ませんでしたけどね 笑
昔の旅を思い出してちょっと懐かしかったですが( ´ ▽ ` )
やはりモロッコとはいえ、
ある程度の快適性を求めるなら
1泊8,000円くらいの宿泊費はみといた方がいいです。 

f:id:FlyingBunny:20170518175244j:plain

 

 

 

お部屋のベッドはこんな感じで。

f:id:FlyingBunny:20170518175305j:plain

 

 

 

 

 

さて体力回復してきたところで
村の散策へ。

 

 

 

BLUE!

f:id:FlyingBunny:20170518175344j:plain

 

 

 

 

彩度や明度を変えて続くブルー。

f:id:FlyingBunny:20170518175404j:plain

 

 

 

 

原色と合わせてもなお引き立つブルー。

f:id:FlyingBunny:20170518175452j:plain

 

 

 

 

仲良さげな夫婦?カップルが
微笑ましくてパシャリ。

f:id:FlyingBunny:20170518175540j:plain

 

 

 

 

街角でモロッコの民族衣装も売られてたり。

f:id:FlyingBunny:20170518175612j:plain




 

私も一枚買っちゃいました( ´ ▽ ` )
ガンドゥーラっていう夏の民族衣装です。
最近の私の部屋着になってます 笑

f:id:FlyingBunny:20170518175635j:plain

 

 

 

 

あと、シャウエンは意外なことに
葉っぱ(マリファナ)を売りつけてくる人がいるから
気をつけてと教えていただいていたのですが、
本当にいました。

 

 

ハッパ♪ と話しかけてこられること数回でしたが、
わたしは乗り物酔いの余韻が残りまくってたので、
すでに軽くラリってたし(違う意味で)
なんなら普段からいつも思考がラリってるし、
全く相手にしませんでしたけど
行かれる方はご注意ください。

 

 

シャウエンは半日だけでも
青い景色の部分はほとんど見れます。
なので1日で滞在は十分と聞いてましたが、
これもそうだなと思いました。

 

私も夕方には宿に戻り、
疲れていつのまにか眠ってしまっていました。

 

f:id:FlyingBunny:20170518175837j:plain

整然とした美しさはないのだけど、どうしようもなくアーティステックで気に入ってる一枚です。

 

 

 

 

そしたら宿で事件勃発。

 

 

早朝4時ころにふと目を覚ましたら、
なんと!

 

 

わ、わたしの

 

 

わたしの!

 

 

バッグが!

 

 

なくなってるーーーーー!!

 

 

 

 

 

うわあああああああああ

 

とうとうやられたーーーーー!

 

あたしも終わったーーーーー!

 

 

 

 

ものすごい混乱と動悸に見舞われ、
ありとあらゆるやらねばならぬことを
私に提示すべく、
思考が脳内を全力クイックサーチし出し、
心臓は動揺の嵐。

 

 

もうここで私の旅も終わった・・・と
半泣きダッシュでフロントのおじさんに、
私のバッグ知らない???と泣きついたら

 

 

おじさん笑顔でうなづく。

 

 

そして手招きしてフロントのテーブルに私を導き、
奥から出してくれたのは

 

 

 

なんとなんと私のバッグ!!!

 

 

 

まじかーーー!!!( ;∀;)

 

 

 

おじさんっ!!!
これどこにあったのっ!!?と聞いたら
なんと部屋の外の踊り場にあったと。

 

 

そういえばっ!!

 

 

部屋でWi-Fiつながらないから
ちょっとでも通信状況の良い階段の踊り場で
スマホ見てたんだった!!

 

 

その時にうっかり持ってたバッグ置いてきて、
そのまま寝ちゃってたんだーーーー!

 

 

うわああああああああああん
おじさあああああああんん!!!( ;∀;)
ありがとう!!!と
安心のあまりおじさんに抱きつこうかと思いましたが、
逆セクハラになるので理性で対処し、
精一杯の感謝を伝えました。

 

 

そしたらおじさん、
「ここの宿の人間は、あんたのファミリーだぜ!」
って親指を立てて言ってくれて、

 

 

最高かよ!!!

 

 

本気で涙ぐみました。

 

 

 

モロッコ、いいとこあるじゃん!!

 

 

てゆうか一晩中踊り場にバッグ放置しといて
誰にも盗まれなかったのスゴイ!
現金もパスポートも入ってたのに!

 

 

見直したぜモロッコ!
(てゆうか気をつけろよって話)

 

 

 

この事件ほんまめっちゃ焦りました。
今まで旅はちょこちょこしてきましたが、
貴重品を無くしたり
モノを盗まれたりしたことは一度もなく、
それなりに注意も払ってたのに!
いろいろと弱ってたのもあるけど、
まじでこの先気をつけねば!と思った出来事でした。

 

 

次の日の宿のあさごはん。

f:id:FlyingBunny:20170518180525j:plain

 

 


今まで朝食無し素泊まりで来ていて、
昼もロクに食べたり食べなかったりで来てたので、
やっとマトモに朝食を食べる時間を持てました。
たっぷりのカッテージチーズとジャムが出て来て、
パンもこれでもかという量で食べきれませんでした。

 


その後はおじさんに重ねてお礼を言い、
握手をがしがしと交わし、改めて感謝の思いを。
やっぱり旅にはいい出会いがあってこそ。
またも救われました。

 

 

 

さあ、次の街はフェズです。

 


その話はまた次回に。

 

 

 

 

 

 

∵ この日のあまいもの ∵

朝食に出て来たヨーグルト。
アラビア語、読めなさすぎて面白い。

f:id:FlyingBunny:20170518180434j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォローする