Flying Bunny

旅と外国・古き良きもの・あまいもの

ベトナム・ホイアン到着&おすすめの宿

前回、ベトナムのホイアンを目指し、
香港乗り継ぎでやってきた経緯を書きました。

出国&香港エクスプレスに乗り遅れかけた話 - Flying Bunny

  

 

ホイアンを目指すには、
空路の場合は近郊の街ダナン
経由することになります。

f:id:FlyingBunny:20170626162305j:plain

 


ダナン空港の国際線ターミナルは
最近できたばかりでとてもキレイ。
両替をしたい場合は空港の外に
ATMや両替所があります。

 


ちなみにベトナムの通貨はドンといい、
とても桁数が多いことで有名。
1,000ベトナムドン=約5円です。

 


なのでわずか1,000円の両替でも、
ベトナムでは200,000ドン。
もはや富豪かよ!という勘違いに
とらわれて気が大きくなり、
ついついお金を使ってしまうので注意しましょう。

 

 

ちなみにベトナムドンから
円への換算方式として広く知られているのは、
「0をふたつ取って半分にする」ですが
これよりもラクでわかりやすい方法を
ブログ友達のたっつんさんが教えてくださいました。

skyblue3480.hatenablog.com

 

つまりベトナムドンの0を3つ取って5を掛ける
という方式を提案されているのですが、
これやってみるとめちゃくちゃラクチンなんです!
私はあらゆる計算が壊滅的に苦手な人間でして、
そんな中でも割り算より
掛け算の方がまだマシなこともあり、
この計算式のおかげでお金を払う場面では
本当に助かりました。
みなさんにも自信を持ってオススメしたいです。

 

 


 

ちなみにダナンからホイアンまでの移動方法。
シャトルバスもあるようですが、
タクシーを使って移動するのがオススメです。
ベトナムはタクシー料金がとても安く、
実際私もホイアンまで小一時間ほど走りましたが
それでも20ドルほどだったと思います。

 

 

ただし私の場合は民間のタクシー会社ではなく
宿にピックアップサービスを頼んでいたので、
その料金でした。
一般のタクシーでも大差ないと思います。

 

 

空港の出口を出ると、
私の名前がデカデカと極太ゴシック体で書かれた
インパクト大の看板がソッコーで目に入り、
ドライバーとスムーズに遭遇できました( ;∀;)
しかも彼、子連れでいらしてたので、
息子くん同乗の上のドライブ。
日本だとドライバーが子連れで来るとか馴染みがないけど、
わたしこういうの平気♪ むしろウェルカム。

 

 

 

しかし着いたばかりで
ベトナムのキャッシュを全く持ってなかった私。
ドライバーに「わたし現金ないから両替所行きたい」
と英語で言ったら、
オッケーわかったわかった!と言ってくれたから
両替所寄ってくれるのかな?と安心してたら、

 

 

ドライバー、
どこにも立ち寄ることなく
宿を目指して一直線。

 

 

 

おいスルーかっ( ;∀;)と思ったけど
英語通じんのかもと思い、
言及するのもめんどくさいから両替断念。
まあキャッシュなくても
今日くらいはなんとかなるやろ、と
外の景色をぼやっと見てたら、
小雨が突如ハンパない豪雨に発展。

f:id:FlyingBunny:20170620111230j:plain


 

あっという間に道路の上の水かさが増して行き、
川の氾濫みたいな状況に。
こ、これがベトナムの雨季パワーか・・・と
呆然と窓を見てたら、
明らかにタイヤの上部あたりまで
泥水が上がって来てる。

 

 

しかしそんなことはお構いなしに進む車。
おそらくこんなことは慣れっこなのでしょう。
一方で、簡易のレインコートとサンダルという
うっすい格好で道を突き進むバイクも多々。
そんなスタイルで平気で暴風雨の中を突っ走る
たくましきベトナムピープルに感心する私。

 

そんなドライブを経て、
ホイアンに到着したころはすっかり夜でした。
ちょいラッキーだったのは、
着いた時は豪雨が止んで小雨になっていたこと。

 

しかし車が入っていけないエリアに来たようで、
ここからは乗り換えてくれと車を降ろされる。

 

 

乗り換え先はなーーんと、
シクロ!※自転車タクシー

 

 

20年前にベトナムを訪れていた私は、
これぞベトナム!なつかしい!と
一瞬テンションが上がりましたが
なんせ外はまだ小雨が降っていて、
椅子が濡れている。

 

そしたらシクロのおじさん、
さっとバスタオルを出して椅子に敷いてくれました。
それと傘を貸してくれたので、
傘を差しながらシクロに乗ってみました。

 

f:id:FlyingBunny:20170626134717j:plain

(この荒れ荒れ感・・・

 

 

雨のせいで
決していいシクロライディングとは
言えない状況だったけど、
これも異国ならではの経験だなと思い。

 

 

で、到着したお宿がこちら。

f:id:FlyingBunny:20170620111104j:plain

 

 

名前はVinh Hung Heritage Hotel。
(ヴィンフンヘリテージホテル)

 


こちらをなぜ選んだかというと、
お手頃料金かつ
ロケーションが便利だったということもありますが、
200年前の古民家をリノベーションした
というエピソードによります。

 

 

ガイドブックやBooking.comでも
センスがいいと近年人気の宿で、
収容人数が少ないこともあり、
空きがないことも多いらしく。

 

 

歴史を重ねたモノや建物が醸し出す魅力が
大好きな私としては、
(そこに気品があるかどうかが大事ですが)
これは見ておかんとな!と思い、
ステイ先にしたのです。

 

 

到着すると飲み物を出してくれました。

f:id:FlyingBunny:20170620111222j:plain

 

 

 

お部屋に入るとこんな感じで、
なんとも言えないノスタルジックな雰囲気。
随所に古いベトナムのインテリアが施されています。

f:id:FlyingBunny:20170620111201j:plain

頭上のレースを広げて使うのをすっっっかり忘れて
倒れるように寝てしまったのが悔やまれます。

 

 

 

f:id:FlyingBunny:20170620111149j:plain

洗面ボウルもだけど、蛇口が凝ってる。 

 

 

 


小物との統一感も良い。
こういう電話、本気で欲しい。
あくまで飾りとして。

f:id:FlyingBunny:20170620111108j:plain

 

 

 

 

なんていうのかな、
古さの中に退廃的なムードがあるというか、
江戸時代でいうところの遊郭のような雰囲気。
ノスタルジーとデカダンスの混在といった感じが独特でした。

f:id:FlyingBunny:20170620111208j:plain

f:id:FlyingBunny:20170626162357j:plain

 

 

 

 

さて、
しばらくしたら雨が弱まってきたので
夜ごはんを食べに外に出てみることにしました。

 

 

少し歩くとたくさんお店があったのですが、
現金を持たない私はカードに頼るしかない。
ところが行くお店がことごとくキャッシュオンリーで、
数件渡り歩いたところに一軒見つけてIN。

 

 

ちなみにホイアンの名物で
ホワイトローズという名前の料理があり、
日本にいる時から気になってたのですが
ちょうどメニューにそれがあったので注文してみました。

f:id:FlyingBunny:20170620111122j:plain

 

透き通った皮は米粉でできており、
エビのすり身などが中に入ってます。
上に乗ってるのはフライされたガーリック。
添えられたニョクマムにつけて食べます。
にゅるっと柔らかくて美味しかったですよー♪

 

 

ベトナムでもホイアンでしか
お目にかかれないお料理らしいので(?)
訪れた際にはぜひ。

 

 

ホワイトローズだけじゃ足りないかな、と思い
もう一品テキトーに麺を頼んだのですが、
予想に反して焼きそば的なモノがやってきました。
これはあんまり食べられず・・・´д` ;

f:id:FlyingBunny:20170620111113j:plain


 

 

この日は移動やら遅延スリルやらで
ちょいと消耗してたので、早めに就寝。 

 

 

 

次回、ホイアンを1日観光したので
その模様を書きます。
あと、書けたらですが
20年前のベトナム無謀旅エピソードも。

 

 

 

 

 

∴ きょうのあまいもの ∴

ホテルでもらったお菓子。
夜に部屋に直で持ってこられたので
ちょっとビビりました。

f:id:FlyingBunny:20170626162517j:plain

 

 

 

 

 

☆前の記事で、ダナンに直に入りたいなら
成田からのベトナム航空だと書きましたが、


出国&香港エクスプレスに乗り遅れかけた話 - Flying Bunny


本日なんとLCCのジェットスターが
関空〜ハノイ&ダナン線の就航セールを始めましたね♪

9〜10月のチケットになりますが、特にハノイ線は
週末弾丸ができるタイムスケジュールになってますよ♪
ご興味ある人は見てみてくださいね。
セールは明日の18時までらしいです!

www.jetstar.com

 

 

 

 

 

   読者になる & フォローする